美白 クリーム ハイドロキノン

ハイドロキノンの美白効果はどれ位すごい?

美白業界で長年注目を集めている成分が、ハイドロキノンです。
もともとは欧米諸国で美白に良いと話題だったハイドロキノンですが、日本のスキンケアに使われるようになったのは2001年からです。

 

ハイドロキノンの注目すべき部分は、その美白効果の高さです。
美白に効果的な有効成分は沢山ありますが、一般的に知られているビタミンC誘導体やアルブチンといった美白成分の10倍から100倍ほどの効果がある成分がハイドロキノンです。

 

美白成分のほとんどはシミを予防する効果に優れていますが、ハイドロキノンは予防ではなくシミが出来るのを防ぎすでに出来てしまったシミも薄くする効果があります。肌の漂白剤、といわれているほど美白効果が高いため、美容業界で注目されているのでしょう。

 

ハイドロキノンは全てのシミに効く?できる事と出来ない事

 

ハイドロキノンはシミ除去効果がとても高いと話題の美白成分ですが、全てのシミを確実に消すことが出来るというわけではありません。

 

加齢とともに出来る老人性色素班、遺伝や幼少期に出来やすいそばかす、ニキビ跡や傷などから生じる炎症性色素沈着、更年期に出来るかんぱんは、ハイドロキノンで消せるシミです。

 

しかし、脂漏性角化症はハイドロキノンでは消すことが出来ません。
脂漏性角化症とは肌色、茶色、褐色や黒褐色などさまざまな色をしていて、イボのように盛り上がっていることもあるシミの種類です。
シミ表面がざらざら、がさがさといったさわり心地になっているのでほくろとの区別も付けやすいでしょう。
硬さや厚みのある、特殊なシミが脂漏性角化症です。このシミは、ハイドロキノンでは消えません。

 

また、真皮性のシミである太田母斑もハイドロキノンでは消えません。
太田母斑とは頬を中心に顔の広範囲に青色ややや褐色の小さな点が集まっているシミのことを言います。
主に目の周辺に出来るしみで、生まれたときから太田母斑が出来ている人もいます。

 

ハイドロキノンで消せないシミは、メラニン色素以外が原因で出来ているシミです。ハイドロキノンでは消せませんがレーザー治療で消せる場合もあるので、消したい場合は、一度皮膚科で相談をして見ましょう。

 

ハイドロキノンの副作用とは?

 

 

ハイドロキノンは美白効果がとても高いですが、その分副作用が起こる可能性がある成分です。

 

ハイドロキノンで起こりうる副作用は3つあります。

 

一つ目はシミが濃くなる可能性です。
ハイドロキノンは肌を漂白しシミを薄くする効果のある成分です。
しかし、ハイドロキノンを塗った部分は紫外線に弱くなり、きちんと紫外線対策をしない状態で紫外線を浴びるとメラニンが過剰生成されてしまい、ハイドロキノンを塗る前よりもシミが濃くなってしまう可能性があります。

 

二つ目は白斑が出来る可能性です。
ハイドロキノンは肌の漂白効果が高い成分です。そのため、長期間使いすぎる一部分のみ肌が白くなりすぎてしまう可能性があります。そのため、濃度の強いハイドロキノンを使う場合は医師の指示に従ったうえで使う必要があります。
また、必要以上に塗り過ぎないようにしましょう。

 

三つ目は肌の炎症が起こる可能性です。
肌への刺激が強い成分なので、敏感肌の人や肌に合わない人は炎症が起こる可能性があります。
ハイドロキノンは酸化しやすい成分なので赤みや炎症、肌トラブルの原因になる可能性もある成分です。気をつけて使いましょう。

 

 

ハイドロキノンを使う際の注意点

 

ハイドロキノンで副作用を起こさないためには正しく使う必要があります。

 

まず、ハイドロキノンは劣化しないように注意をしてください。
基本的に、一度開封したハイドロキノンは一ヶ月以内で使い切ることが推奨されています。使用期限の過ぎたハイドロキノンは劣化し酸化しているため、赤みや炎症が起こる可能性があります。

 

ハイドロキノンを使っている期間中は、普段以上に紫外線対策を行うよう荷しましょう。ハイドロキノン使用中は肌内部のメラニン色素が著しく減少します。そのため、紫外線のダメージを受けやすい状態になっています。そのため、しっかりと紫外線対策を行わないと、普段よりもシミや日焼けしやすくなっています。
ハイドロキノンを使うと外部の刺激に弱くなってしまうので、低刺激の日焼け止めを使ったり帽子や日傘で対策をするなど、負担の掛からない方法で紫外線ケアをしましょう。

 

また、ハイドロキノンは洗顔と化粧水の後すぐに塗ってはいけません。
ハイドロキノンを肌内部に浸透させすぎると肌に吸収されすぎてしまい白斑が凝る可能性があります。
肌表面に化粧水や水分が付着した状態でハイドロキノンクリームを塗ると、水分の影響でハイドロキノンが浸透しすぎるので注意をしてください。

 

安全なハイドロキノンクリームの選び方

 

 

また、ハイドロキノンクリームを使うときは医師から処方されて使う場合がほとんどです。医師からの支持に従わずに使うと肌に必要以上に負担がかかり、肌トラブルが起こってしまいます。

 

個人輸入やオークションサイトなどで個人でハイドロキノンを購入することも出来ますが、医師から処方されずに購入するハイドロキノンは濃度が高すぎる可能性や肌への負担が強すぎる可能性、すでに製品が劣化酸化した状態である可能性があります。

 

肌への負担や副作用のことを考えると、医師から処方されたものや、個人で使っても問題ないように製品化されたハイドロキノン配合スキンケアを使うことをおすすめします。ハイドロキノンは強い成分だからこそ、使用上の注意を守らないと危険な成分です。

 

安心安全に使うためにも、国内で市販されている濃度の高すぎない製品を使うようにしましょう。

 

6:ビーグレンのハイドロキノンQuSomeホワイトクリーム1.9が使いやすい

 

ハイドロキノン配合クリームの中でも特におすすめしたいのが、ビーグレンのハイドロキノンQuSomeホワイトクリーム1.9です。

 

ハイドロキノンQuSomeホワイトクリーム1.9は、美白やシミ消しで何を使っても効果がなかった、という人にこそ使って欲しい製品です。
刺激が強く肌への負担がかかるハイドロキノンを低刺激かつ効果をアップさせるために、ビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSomeを採用しました。
このテクノロジーのおかげでハイドロキノンの成分を必要なところまで届け、その場に滞留してじっくりと働きかけることが出来ます。
そのため1.9%と決して高くない濃度のハイドロキノンでも、刺激を与えずに十分な効果を与えられます。

 

また、ハイドロキノンをサポートする美白成分として、βホワイト、TGP2、ヘキシル3-グリセリルアスコンビン酸が配合されているのでシミ消し、美白への効果は絶大です。

 

ハイドロキノンQuSomeホワイトクリーム1.9を使うことで、シミや色素沈着はどんどん目立たなくなりくすみ知らず野透明感のある素肌を実現することが出来ます。
保湿効果も高く、テクスチャーも軽いクリームなので使い心地もよく、ナイトケア用のクリームとしてはとても優秀なスキンケアといってよいでしょう。
シミ、そばかす、カンパン、色素沈着に悩む全ての方におすすめのハイドロキノンクリームがハイドロキノンQuSomeホワイトクリーム1.9です。

 

安全に使えるハイドロキノン美白クリームとは記事一覧

ビタミンC・ビタミンC誘導体の美白効果美白に効果的な成分といえばビタミンCです。ビタミンCは果物や野菜などに多く含まれている栄養素で、熱や空気に弱く、水に溶ける性質を持っています。そんなビタミンCには、コラーゲンの生成を手助けする、免疫力を高める、活性酸素から体を守るという働きがあります。美肌に良い効果を沢山持ち合わせているのがビタミンCです。また、美白にも高い効果を発揮する成分でもあります。ビタ...

page top